TR-310/310A

散水タイマー機能紹介

お好みの散水時間 / 散水間隔を設定

「散水タイマー」は、散水タイマー本体で各種設定を行っていただくことができ、設定した散水時刻・散水間隔・散水時間(散水量)に応じて自動で水やりを行います。

以下の設定が可能です。
【散水時刻】 0:00~23:59 / 【散水間隔】 1日に4回~3日に1回(計7通り) / 【散水時間(散水量)】 0~99分

水分センサ(オプション)で土中の水分管理が可能

「最近雨が続くので、今日は水やりを止めたい。」
「今日は雨が降ったり晴れたりの予報。十分に土が湿っていたら水やりを控えたい。」
「最近日照りが続くので、朝の水やりは多めに水やりしたい。」

オプションの水分センサをご利用いただくと、水分センサで常に土の水分レベルを確認し、雨の日など、十分に土が湿っている場合は、水やりをしません。

逆にいつもより土が乾いている場合には、多めに水やりをする設定が可能です。

単純に時間通りに水やりを行うだけではなく水分レベルに応じて水やりを調整することが出来る為、植物にとって適切な水分を与えることができます。旅行などで長期にわたって留守にする場合でも、適切な設定をしておけば、勝手に水をやりすぎることがありません。

設置が簡単

「散水タイマー」を花壇や庭などに設置する際には特別な工具は必要ありません。なお、単三乾電池2本で約12ヶ月の動作が可能ですので(環境により異なります)、頻繁に電池交換をする必要もありません。

コンテンツ